リスクを取らずに土地活用する方法はある?コンテナハウスを利用して土地活用する方法などを紹介します

基本的なリスクなしで土地活用をするためにはコンテナハウスを選択することが重要となります。
宿泊施設が不足しているといった問題を解決することにもつながります。
立地やターゲット層に合わせてカスタマイズすることも出来ます。
コストはワンルームマンションとほとんど変わりません。
維持費なども少なく抑えられるので、安定した経営が行いたい方にうってつけといえるでしょう。
二階にすることや拡張することも可能となっています。

リスクを取らずに土地活用する方法はある?コンテナハウスを利用して土地活用する方法などを紹介します

土地活用には様々な方法がありますが、コンテナハウスにするという方法が注目を集めています。
コンテナハウスはワンルームマンションほどの投資金額で経営を始めることができ、維持費なども低めに抑えることになります。
節税対策にもなることから土地活用の手法として有力です。
昨今では宿泊施設が足りない問題がたびたび発生しており、そういった問題を解消するためにも重要といえるでしょう。
基本的にはリスクなしで始めることが出来ます。

コンテナハウスと賃貸アパートの土地活用の違い

コンテナハウスと賃貸アパートの土地活用の違いですが、最大の違いは資産として認められるかどうかが違っています。
賃貸アパートの場合は不動産と認められているため、資産の一つと扱われています。
しかし、移動が可能なコンテナの家においては資産と認められていません。
ですので、不動産を担保にしてお金を借りるという場合にはアパートなどの不動産を持っていたほうが良いといえます。
コンテナを家にしている場合は、それを担保にお金を借りるというのは不可能です。
その代わり、コンテナの家は賃貸物件とは違った土地活用が可能なメリットもあります。
それは、立地環境や土地の形に影響されにくいという点です。
コンテナは災害時でも自由自在に動かしやすいため、立地環境にあまり影響を受けにくくて自由な配置にすることが可能なのが利点です。
それから、コンテナハウスを建てる場合は初期コストがアパート物件と違って安いため手軽に住めることも便利な点です。

建築費用や固定資産税が安い?コンテナハウスで土地活用する時の費用相場

コンテナハウスにかかる費用は大きさにもよってきますが、コンテナ本体に加え、外壁材、内装、床材、天井材、ドアやシャッターなど100万~300万程度は必要になります。
これは一般的な住宅建築と比較すると大幅に安価ではありますが、コンテナハウスも法律上は建築物であることから、同じように固定資産税もかかります。
固定資産税は土地と建物それぞれにかかりますが、更地の場合は非住宅用地として判断され、200平米以下の土地の場合は評価額の70%の1.4%を支払わなくてはなりません。
しかし家を建てることで住宅用地になり、土地の評価額が6分の1(16%程度)になるため、土地分の固定資産税が大幅に安くなるのです。
建物は減価償却で年々評価額は下がりますが、土地には減価償却がありません。
趣味での土地活用でも良いので、更地には建物を建てておいた方が税金は大幅に安くなるでしょう。
土地活用にもいろいろな手段があり、他にはガレージや賃貸物件として貸し出して収益を得ることも可能です。

コンテナハウスで土地活用する時に行われる工事って?

コンテナのハウスと呼ばれるものがあります。
コンテナを使った住宅になりますが、住宅といっても多くの人が住めると言うわけではありません。
どちらかと言えば、例えば子供部屋を増設したい場合このようなコンテナハウスを使うわけです。
これにより、非常に魅力的な増築ができるかもしれません。
この時大事になるのは、コンテナハウスの土地活用になります。
土地自体はどこにでもあるわけではありませんので、ある程度余裕があることが必要でしょう。
土地活用する場合には、しっかりとした工事をすることが大前提になります。
工事をする場合には当然ながら建築会社の人にお願いをすることが必要になるわけです。
この時注意をしておきたいのは、どこの会社に依頼するかでしょう。
依頼する会社によって、その対応が随分と異なるかもしれません。
費用なども会社によって大きく異なる可能性はあります。
これらを踏まえると、安易に会社を選ぶべきではなくしっかりと比較検討することが重要になることがわかります。

コンテナハウスでおしゃれに土地活用できる?

コンテナハウスは様々なものを運ぶために効率的に設計されたコンテナを利用しているため、土地活用の面でも効果的に利用できる要素が多いのが特徴です。
住宅を建築する際にどのようにその土地を利用するかは施主や設計者の腕の見せ所ですか、様々な制限があり効率的な土地活用を行うことができないと言うケースも少なくありません。
建ぺい率や容積率等の問題が生じる可能性もあり、そのために様々な制約を受けることも多いものです。
コンテナハウスの場合には本来の用途である、効率的にものを収納すると言う機能があらかじめ備わっていることから、これをジョージに配置するだけでおしゃれな土地活用を実現することが可能となります。
また住宅を建てる場合とは異なり建ぺい率や容積率の制限を受けないこともメリットとなるため、自由に利用することができると言う点もポイントです。
そのメリットを最大限に活用することにより、様々なアイディアをふんだんに盛り込んだおしゃれな住宅を実現できるのが魅力となっています。

著者:上田文

筆者プロフィール

青森県青森市生まれ。
大学卒業後ハウスメーカーに営業として勤務。
いま注目のコンテナハウスについて記事を書きました。
土地活用にはコンテナハウス!